サッカー観戦 座席はどう選ぶべき?「指定席編」




サッカー観戦をする際に、複数の座席があり。どの席を選べば良いのか?
席によってどのような違いがあるのか?

悩んでしまう方も多いですよね。

そこで、僕が考える失敗しない座席の選び方第2弾をお届けします!

第1弾の「自由席編」はこちらからお願いします!

「自由席編」

座席はの種類は大きく分けて

「メインスタンド」「バックスタンド」「ゴール裏」

の3つにカテゴリに分類が出来ます。

そして「指定席」「自由席」の2つのカテゴリに分類できます。

今回、第2弾ということで「指定席編」をお届けしたいと思います!

スポンサーリンク


指定席

指定席とはあらかじめ座席の指定がされている席のことです。
サッカースタジアムで言うとサイドライン側の席のことが多いです。

テレビと同じアングルの方を「メインスタンド」反対側を「バックスタンド」と呼びます。
選手が入場してくる方がメインです。

ハーフラインを中心としてコーナーフラッグに近付くにつれて値段が安くなります。
見やすさも値段に比例します。

特徴(メリット、デメリット)としては

・値段が高い…自由席に比べると値段が高いです。
 3500円~5000円ぐらいが相場となっています。
 家族みんなで観戦となると少し高いかもしれないですね。

・サッカーをじっくり見ることが出来る…メインスタンド、バックスタンド席では座って観戦することが出来ます。
 僕はいつも指定席で観戦しています。
 お子さんを連れて観戦をする場合は指定席で観戦することをオススメします。

・全体を見渡せる…ゴール裏の自由席で観戦した場合はどうしても反対側が見辛いなども問題がありますが
 横からサッカーを見る形になるので全体のプレーが見やすいでしょう。
 テレビ画面も横から撮影しているパターンがほとんどなので違和感なく観戦できます。

・得点時などを除いて、立つことや大きな声を出すことが推奨されない。

・座席が指定されているので入場で並ぶ必要がない
 選手の練習開始は試合開始も45分前ぐらいに始まることが多いのでそれくらいに入場すれば大丈夫です!

・サポーターの応援を見ることが出来るのも楽しみの一つになるでしょう。

スポンサーリンク


通のサッカー観戦の方法

僕はいつも指定席で観戦をしていますが、敢えてバックスタンドの2階席で見ることが多いです。
理由は色々とあるのでそちらの解説をしていきます。

値段が安い

自由席に比べると高いですが、1階の指定席に比べると安価の場合が多いです。
2000円~3000円が相場となっています。

ピッチ全体が見渡せる

上からピッチを見下ろす形になるので、選手の動きが良く分かります。
テレビだと分かりにくい、選手のオフザボールの動きやラインコントロールが見ることが出来ます。

サッカーの戦術を見たい方にはうってつけの席になります。

比較的空いている

満員になるようなビッグマッチでは別ですが、Jリーグにおいて座席が埋まることはほとんどありません。(寂しいですが)
そのため2階席は比較的空いている場合が多いです。

まとめ

サッカーを楽しみたい方や戦術を見たい方は指定席がオススメです。
自分なりの楽しみ方を見つけるものサッカー観戦の醍醐味といえます。

色んな席を試してみて、自分なりの楽しみ方を確立していくのも一興です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です